介護ファクタリング、メリットとデメリットとは

subpage1

日本では公的介護保険制度があり、これにより被保険者がサービスを利用した際に発生した費用の一部は補助されています。

気になるファクタリングの有益情報を見つけよう

介護サービス事業者は、保険者にその請求をすることで、被保険者が支払わなかった残りの部分を受け取ることができる仕組みとなっています。

つまり介護事業者のサービス提供と、その対価である収益を確保するまでには時差が生じると言うことです。



この時差を解消する制度が、ファクタリングです。


ファクタリングは、介護事業者が所有している支払われていない分の報酬を、ファクタリング会社が何割かで買い取ると言う制度です。


よってこの制度を利用することで、サービス事業者は、通常の申請、報酬の支払いと言う流れよりも早くに、報酬を得ることが可能となります。
これがファクタリングの最大のメリットで、かつあくまでサービス提供が終わっている債権を買い取ってもらうと言う形式なので、お金を借りる、つまり負債にはならないと言うのもメリットです。



特に開業したばかりの事業所、その経営を安定させるためには最適な手段と言えます。ですがファクタリングにはデメリットもあります。
まずは将来的に入ってくる報酬が、当然、目減りしてしまうと言う点です。


将来的な収入を前倒しして入手しているわけですから、そればかりに頼っていると、根本的な経営改善にはつながらない事態を招くことにもなりかねません。

また手数料が発生するので、経営状況によってはその支払いの積み重ねが、経営をさらに悪化させることにもなりかねないと言うのも、デメリットのひとつです。

学ぼうファクタリングの事

subpage2

介護のファクタリングは、一見すると便利ですが、消費者金融で借りた場合の金利よりも手数料が高くなるので、最後の手段として考えましょう。銀行で借りられるのがベストですが、銀行がダメなら消費者金融なども検討してみて、なるべくファクタリングには頼らない方法を考えましょう。...

next

ファクタリングについての考察

subpage3

ファクタリングは企業などが保有している債権を、完全に買い取るビジネスのことです。債権の種類としては、売掛債権などが知られ、将来に代金が支払われるべきものですが、その間は債権を有する債権者は帳簿上は売上金を得られる予定になりますが、手元には現金がない状態になります。...

next

ファクタリングの比較の実態

subpage4

近年の日本は、少子高齢社会ということができます。子どもの出生率が低下し、高齢者の総人口に対する割合が増加しているのです。...

next

ファクタリングの比較を身に付けよう

subpage5

適切な方法を用いることになれば、介護ビジネスは無事に済ませられます。高齢者を支えていくことが難しくて、プロのノウハウを切望しているならば、早い段階で正しいケアを訴えることが理想的です。...

next