千葉市内での市民葬タイプの葬式プラン

subpage1

全国にある自治体のなかでは、経済的な事情のために、高額な葬式の費用が捻出できない市民を救済するため、市民葬とよばれる低価格のプランを公の制度としてつくっているところがあります。
政令指定都市の千葉市については、基本的にこのような市民葬のプランを行政の側では用意しておらず、もっぱら市民自身がさまざまな葬儀社のなかから探し出して、低価格でも可能な葬式プランをみずから手配することが必要となっています。

千葉の葬式の分かりやすい情報はこちらです。

しかし、千葉市斎場に登録している葬儀社のなかには、独自に市民葬のプランを開発し、低価格で提供しているところが多く、安心して利用することができるようになっています。

もっともシンプルなケースとしては、通夜や告別式はいっさい行わず、身内を集めて火葬だけですませる、一般的に直葬や火葬式とよばれるタイプのものがありますが、それ以外にも一般的なものが用意されています。

T-SITEに関してはこちらのサイトをご覧ください。

千葉市内での市民葬のプランは、各社によってその内容には違いがあるものの、おおむね、柩やそのカバー、納骨容器、後飾り、祭壇などの必要なものがすべてセットになっているため、低価格であっても、ひととおり葬式として執り行うことが可能になっています。



また、霊柩車による病院から自宅、自宅から火葬場への遺体の搬出などのサービスもセットとして含まれています。


いくつかのグレードにわかれていて、多少の金額を負担すれば、さらに豪華な祭壇を利用することができるなどの工夫がとられていることもあります。