千葉市内で執り行われる葬式に関して

subpage1

千葉市内で執り行われる葬式ですが、千葉市は政令指定都市であって、伝統的に成立していた村落よりも、むしろ戦後になって新たに誕生したニュータウンなどの割合が高いといえます。

千葉の葬式の詳細情報を掲載しています。

そのため、葬式のありかたについても、あまり地域による違いはみられないといえます。

今すぐ使える朝日新聞デジタルの情報が豊富です。

一般的な千葉市内での葬式の流れとしては、はじめに通夜があり、宗派によっては焼香や読経のほか、亡くなった人の人柄などについて、僧侶が紹介をしつつ、在りし日のことを偲ぶ機会がつくられます。


次の日は告別式となり、会社の社長や地域の代表なども参列して盛大に行われるのが常となっています。読経や焼香はありますが、特に社会的地位のある人が参列する場合には、指名焼香として、その名前と肩書が読み上げられます。

告別式のあとは、出棺となり、千葉市内にある公設の火葬場に遺体は搬送され、そこで火葬に付されます。火葬については、近親者だけで行うのが例となっており、火葬がすめば、場合に応じて墓地にそのまま遺骨が埋葬されます。



千葉市内の場合には、自宅で行うことよりも、むしろ葬祭ホールなどを貸し切りにして葬儀を行うことが多いといえます。
各地にある葬儀社でも、鉄道の駅に近かったり、高速道路のインターチェンジやその他の幹線道路の近くに、葬祭ホールを開設していることが多く、参列者が特に多い場合には、このような専用の葬祭ホールを利用したほうが、駐車場をはじめとする混乱もないため、むしろ適切であるといえるでしょう。

葬儀をよく学ぶ

subpage2

お葬式のしきたりは宗教や宗派によって色々ありますが、県や地域などによっても多くの違いがあります。千葉では他県とは違った風習がいくつもあります。...

more

わかりやすい情報!

subpage3

千葉市は政令指定都市であり、わが国の首都である東京にもたいへん近いことから、亡くなった人を弔うための葬式についても、全国的に見てスタンダードな形式で執り行われることが多いといえます。千葉市内とはいっても、伝統的なしきたりや風習が残っている地域がないわけではありませんが、あまり奇抜なものは影を潜めている傾向があります。...

more

最新情報

subpage4

お葬式にはいろいろな形式があり、それぞれにあったマナーがあります。なので、きちんとその形式にあったマナーを確認して、ご遺族に失礼がないようにしておくことが大切です。...

more

耳より情報

subpage5

全国にある自治体のなかでは、経済的な事情のために、高額な葬式の費用が捻出できない市民を救済するため、市民葬とよばれる低価格のプランを公の制度としてつくっているところがあります。政令指定都市の千葉市については、基本的にこのような市民葬のプランを行政の側では用意しておらず、もっぱら市民自身がさまざまな葬儀社のなかから探し出して、低価格でも可能な葬式プランをみずから手配することが必要となっています。...

more