千葉市内における葬式のありかた

subpage1

千葉市は政令指定都市であり、わが国の首都である東京にもたいへん近いことから、亡くなった人を弔うための葬式についても、全国的に見てスタンダードな形式で執り行われることが多いといえます。
千葉市内とはいっても、伝統的なしきたりや風習が残っている地域がないわけではありませんが、あまり奇抜なものは影を潜めている傾向があります。

千葉市内での葬式は、通常は通夜が先にあり、次いで告別式を行い、その後に出棺があり、火葬されて遺骨の状態となって、自宅に戻るプロセスをとるのが一般的なありかたといえます。

千葉の葬式の情報はココで集まります。

県内の全域を対象とした比較では、告別式の前に亡くなった人の遺体を火葬場に搬送して火葬をしてしまい、告別式の際には遺骨を祭壇に安置し、終わればすみやかにお墓に納骨をするスタイルをとっている地域もあります。

このgoo ニュースは人気のテーマです。

しかし、千葉市内に限っていえば、火葬は順番としてはもっとも後にくるのが一般的となっており、そもそもお墓についても先祖代々のものがすでに用意されていることが少なく、ただちに納骨することができない事情も背景にあるとみられます。



千葉市内で葬式を執り行う場合は、その式場としては、自宅ではなく、民間の葬祭ホールか、行政が設置している火葬場に併設された斎場のホールを利用することが多くなっています。

友引を避けるなどの日取りの関係や、火葬場の予約状況によっては、通夜と告別式の日程が連続せず、告別式が先延ばしになることもあります。